女性の多い職場

最近、安定感が出てきた仕事先というものがあります。
それは消費者金融業者というものです。
それはなぜかと申しますと、いままで消費者金融業者は資金力が乏しかったのです。
ですので、多く貸したくても貸せないというような現状がありました。
そこに目をつけたのが銀行です。
銀行は豊富な資金力があります。
多くの方の貯金などを運用して利益を上げていくことも必要なのが銀行です。
そこで目をつけたのが消費者金融であるというわけです。
消費者金融ではかなり高い金利での貸し付けを行います。
銀行の金利よりもかなり高いのです。
銀行ローンの利息と消費者金融の利息を比べてみますとよくわかります。
ですので、銀行は自分たちで貸し付けるよりも、消費者金融に貸し付けてもらった方が得をするというような考え方もありまして、
現状では消費者金融業者をバックアップしているのです。
最近では、銀行系消費者金融という言葉をよく聞きます。
それがまさに銀行にバックアップされた消費者金融です。

そのように銀行がバックについたということで、消費者金融という職場にはかなりの安定感が出てきました。
会社自体が資金力に不安がなくなったのです。
ですので、職場としての魅力が増したとも言われています。
求人などを出しますと非常に反応が良いということもあります。
その消費者金融の職場なのですが、一つの考え方としましては女性がものすごく多くなります。
窓口はもちろんですが、さまざまな対応は女性に任せるという職場なのです。
ですので、女性比率が非常に高くなっています。
しかも安定志向が高い女性ですので、現状の消費者金融はマッチングしているとも言えるでしょう。

ただ、長期的に働きたいと思いましたら、幹部を目指していく必要があります。
最近では、店長に女性がなるということも珍しくはありませんので、長期的な職場としての魅力も備わってきているといえるでしょう。
残業なども少なくある程度時間も守もられて働くことができるのも魅力です。