消費者金融の正しい利息率

消費者金融業者の利用を考える時には、まず気になるのが利息です。
その利息ですが、最初にチェックしていくことは正しい判断になります。
利息額はその借金の返済総額に関わる大きな存在になります。
利息率が大きくなればなるほど、その借金返済総額は大きな存在になっていくからです。
一方で、利息率が低くなれば低くなるほど、その借金返済総額は少なくなっていくものです。
返済額を少しでも減らしたいという考えが一般的でしょう。
ですので、利息額の少ない消費者金融業者が人気になるというわけです。

その利息ですが、実はきちんと法律で決められています。
利息制限法というものに、上限の金利が明示をされています。
その利息制限法に記されている金利の額を把握していきましょう。

まずは、利息元金ですが、10万円未満の場合には年率で20パーセント以下というように決められています。
そして10万円以上100万円未満の場合には、年率で18パーセント以下と決められています。
最後に100万円以上の場合には、年率で15パーセント以下ということに決められています。

以上の事からまず全体的に20パーセント以上は、利息を取ってはいけないということがよくわかります。
20パーセント以上の利息につきましては過払い金といわれるものになってしまいます。
その過払い金は返済を求めることができるものになっています。
最近よく行われている過払い金の返還請求はまさにそれなのです。
当時は、かなり利息につきましてはあいまいな状況になっていました。
いまと違いまして出資法というものが、消費者金融でも適用されるのではないかという考えがあったのです。

現在ではもちろん20パーセント以上の利息は全面的に禁止をされています。
いま利用している方で超えている方は闇金を利用している場合以外はあり得ないはずです。
もし超えていましたら、弁護士さんへ相談してみることをお勧めします。

消費者金融の正しい利息率は年利で20パーセント以下ということだけは覚えておきましょう。
基礎知識となります。