窮地に立たされて分かる、消費者金融のありがたさ

ちょっと怖いイメージのある消費者金融ですが、私はこれがあったおかげで大変に助かりました。
それはなぜかと言うと数年前、私はサイクリングをしていた時に誤って自転車から転落し、肩を大怪我してしまい、急に莫大な治療費が必要になったからです。
病院で緊急手術が行なわれたのですが、その後に回ってきた手術代の請求書を見て愕然としました。
何と100万円もするではありませんか。
そんな大金、すぐに用意しろと言ってもとてもじゃないけどムリです。
親族にはこれまで散々お世話になってきているので、今さら借金を申し込むわけにも行かず・・・。
にっちもさっちも行かなくなったときにふと頭に浮かんだのが「消費者金融でお金を借りたらいいのでは?」ということでした。
これなら親戚に迷惑を掛けずに、お金を調達することが可能です。
さっそく私は大手の金融会社に借金の申し込みをしたのは言うまでもありません。
すぐに審査も通り、私はすんなりと100万円を借りることができました。
そのお陰で、手術代もきっちり払えたので本当に良かったです。